子宮頸癌と子宮体癌


ひとくちに子宮癌と言っても、頸癌と体癌の2種類があり、
それぞれできる場所も、組織型も、なりやすい人も、できやすい年齢も違う、全く別の癌です。

 子 宮 頸 癌 に つ い て


子宮の頸部(子宮の入り口付近)にできる癌で、組織型は主に扁平上皮癌で稀に腺癌も認めます。現在、子宮頸癌はセックスで感染する"ヒトパピローマウィルス(HPV)"が関係していることが分かってきています。癌も突然発生するものではなく、HPVに感染後、"軽度異形成"、"中等度異形成"、"高度異形成"を経てごく初期の"上皮内癌"となり、そして"微小浸潤癌"、"浸潤癌"へと進行していきます。軽度異形成の95%は自然に治ると言われていますが、定期的な経過観察が重要です。
また最近のセックス初体験の低年齢化、セックスの自由化、多様化に伴い子宮頸癌の発症年齢の若年化が危惧されています。



 子 宮 頸 癌 は ど う や っ て 見 つ か る の?  癌 検 診 の 方 法 は ?


早期発見には定期的な検診が唯一の手段です。初期の段階では、自覚症状はほとんどありません。まれにセックス時の接触による性器出血がある程度です。最近では10代でも検診で異常が見つかることがあり、"若いから子宮癌検診は必要ない"と考えるのは間違いです。
癌検診を行うためには、まず内診台に上がる必要があります。直視下に子宮の入り口をこすって細胞を取り、この細胞を顕微鏡で観察し、異常がないかどうかを判断します(細胞診)。もし細胞診で異常が見つかった場合はコルポスコピー診を行い、組織を採取し、軽度異形成、中等度異形成、高度異形成、上皮内癌、微小浸潤癌、浸潤癌のどれにあたるかを診断します。



 子 宮 体 癌 に つ い て


子宮体癌は、別名"子宮内膜癌"と呼ばれるように、子宮の内側をおおう子宮内膜から発生する癌です。閉経にさしかかる40代後半〜50代に多く、最近増加してきています。その原因として食生活の欧米化、妊娠・出産回数の減少などが原因とされています。また若い女性でも排卵障害のある人では、女性ホルモンのうちの卵胞ホルモン(エストロゲン)だけが持続的に分泌され、それが子宮内膜を持続的に増殖させ、子宮内膜癌を発生させる恐れがあります。



 子 宮 体 癌 は ど う や っ て 見 つ か る の ?   癌 検 診 の 方 法 は ?


通常、不正出血を認めることが多いです。月経以外の不正出血があれば、必ず検診を受けるようにしましょう。体癌検診も頸癌検診と同じように、まず"細胞診"をしますが、体癌検診では子宮の内腔にブラシを挿入し細胞を採取します。
細胞診で異常が見つかった場合は、内膜組織を採取し、精密検査を行います。しかし細胞診で異常がひっかからないこともあるため、不正出血が頻回にあるような場合も内膜組織を採取し、精密検査を行います。
また、通常閉経以後は子宮の内膜は薄くなるため、超音波で子宮内膜の厚さを観察するのも診断の助けとなります。