分娩数


例数

総分娩数

9979例

初産婦

5060例

経産婦

4919例

帝王切開

1696例

16.9%

吸引分娩

1427例

鉗子分娩

44例

骨盤位(帝王切開を含む)

233例

前置胎盤

21例

常位胎盤早期剥離

12例

無痛分娩(2005.7月〜2013.12月)

1173例

            (1981年1月〜2013年12月)

  周産期死亡


当院では1981年〜2013年の31年間に22例(この15年間は周産期死亡0例)の周産期死亡がありました。
その原因の内訳は下の表の通りです。

原因

例数

常位胎盤早期剥離

5例

生存不能の奇形

8例

分娩開始前の胎児死亡

3例

超未熟児

3例

低体重児

2例

その他

1例


周産期死亡の大半が病院到着前の胎児死亡又は生存不能の奇形によるものであるため防ぎようのないものですが、未熟児、低体重児(子宮内発育遅延)を防ぐことが更に周産期死亡率を改善するために重要な課題です。そのためには、産婦さん自身での早産に対する注意が何よりも大切です。徳島県でも今後整備されようとしている周産母子センターにも期待が持たれます。




  周産期死亡率



▲当院での周産期死亡率の推移


周産期死亡率とは出産1000に対する周産期死亡(妊娠22週以後の死産と早期新生児死亡(生後1週間未満)の合計)の割合で、国、地方又は、施設の産科医療の水準を表す指標の一つとされています。

当院の周産期死亡率は全国レベル(平成10年0.62%)と比較しても低いレベルを保っています。これには幸運も作用しているかも知れませんが、スタッフの努力また当院の医療を支えて下さっている人たちと医療機関のご協力の賜と感謝しております。 当院の過去10年間の周産期死亡率は0.12%です。



左のグラフは新生児搬送と母体搬送の数の年度による変遷を表しています。
周産母子センターの整備と共に新生児搬送が減少し母体搬送が増加していくことが考えられます。




  妊産婦死亡率


現在まで、当院での妊産婦死亡はありません。

全国的には1951年には10万人の妊産婦に対して193人の妊産婦死亡が記録されておりますが1998年には7人とめざましく減少しております。

我が国の産科医療の進歩を目の当たりにすることが出来ます。しかしながら、妊産婦死亡が0になったわけではないことを肝に銘ずる必要が有ります。

なお、この統計には1999年厚生省児童家庭局母子保健課監修による母子保健の主なる統計を参照しました。

  手術総数


2611例中
(1981年1月〜2005年12月)

手術の種類

例数

膣式手術

膣式子宮全摘術

65例

膣壁会陰形成術

36例

頚管縫縮術

73例

円錐切除術
(レーザー蒸散を含む)

31例

腹式手術

腹式子宮全摘術

416例

筋腫核出術

25例

帝王切開術

1696例

付属器摘出術
卵巣嚢腫摘出術

184例

卵管結紮術

158例

子宮外妊娠手術

85例

腹腔鏡

440例

その他

35例

この期間中、手術、麻酔に関係した死亡例はありません。